キャリアアップも資産運用もできない企業は転職か独立しか選択肢しかない

どれだけ一流の大学を卒業し有名企業に勤めても、一つだけはハズレくじを引くと人生を大きくロスしてしまうのが今の社会人としての『時代』です

就職氷河期に就職した人間は、就職できたことに感謝しろとハラスメントまがいの教育を行い、キャリアアップや個の強みを活かすという言葉など無視です。

それに加え派閥や、就業規定による副業の禁止や資産運用の禁止など、今の仕事がなくなった時のリスク管理が全くできないように縛り上げたのが今、生き残る古い企業の特徴です。

今からの時代はできることを伸ばし、好きなだけ好きなことに特化して、プロフェッショナルの上をいくことが課題だと言えます。

ベルトコンベア式のビジネスであれば全てのルーティンを平均的にこなすことができる人材など、成功者になるには不要で、お金持ちの思考としては程遠いことです。

努力や労働時間はお金にレバレッジをかけられない・資産にもならない

できる営業マンはサボっていると何度か記事として取り上げた一流養成学校ですが、努力だけではお金も成果も結果も生まれません。

なぜなら皆が平均的に努力はしているからです。

どれだけ得意なことに特化して2倍以上のレバレッジが効かせられても、不得意な部分で残残業するのはマイナスにレバレッジを2倍以上効かせてしまいます。

具体的に、お金や結果・成果よりもメンタルへの負担が大きいのです。

現代の理想の会社と理想の『働き方改革』

今の時代では自分の不得意な部分をアウトソーシングして、得意な部分にレバレッジをかければ10倍以上の結果や成果・ノンストレスのワークスタイルを送ることができます。

不得意なことをするストレスや非効率な時間を解消できるのです。

この理想的なスタイルでビジネスを構築するのであれば、有名企業やブランドにこだわっていてはいけません。

自分にマッチする企業への転職をするか、自分の働きたい環境通りの会社を作るかの2つしか選択肢はないのです。

転職をして増えるのはマイナスな転職歴ではなく年収

自分に得意なことを仕事にしていれば、結果では必然的に上がりやすいと言えます。

起業家などにスポットを当てると非常にわかりやすいです。

頑張れば頑張るだけ年収も増え、人脈も実績も増え、自分というブランドを作ることができます。

雇われている限りどれだけ一流の営業マンでも、優秀なビジネスマンでも来年の自分は雇っている経営者の判断次第で年収は減る可能性があります。

一流の営業マンが即転職を決めるタイミング

一流の営業マンは顧客からすれば、ずっとこの会社にいるだろうと思うかもしれませんが、実際一流のできる営業マンほどタイミングが来たら潔く転職や独立をします。

どんなことを理由に転職するかというと、報酬体系が大幅に変わったり、営業スタイルの押し付けが始まったりすると転職をします。

できる営業マンほど、エージェントやヘッドハンターとのコネが強いため、そのルールや規則などがスタートする前に転職していることが多いです。

もちろんエージェントやヘッドハンターは転職してもらうために、今より必ず良い条件を持ってきますので、年収は上がります。

無理して会社の名前にすがりつく時代は終わったと言えるのです。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ

労働時間0で年収1000万円出す企業はない

更にビジネスマンが会社を転職するのではなく、独立する選択をする時に思うことは働き続けなければお金は入ってこないということです。

独立してFXなどで資産運用に成功し、不動産収入を得ることに成功する王道の『一流定石』になると思うことは、寝ていてもお金はどんどんお金を読んできてくれるということです。

FXでは結果を上手に出すことを意識せずともスワップポイントだけでも年間数十万円以上の所得を得ることができます。

不動産も一見、家賃10万円でも大した収入にならないと考えそうですが、不動産収入を得ている=借り入れができるだけの信用を得やすいので更に不動産を増やすこともできます。

不動産収入がまとまれば、それこそ寝ているだけで億万長者レベルの収入にまで登り詰めることができます。

ここまで考えることができれば、資産運用を禁止している会社からすぐに転職したくなるでしょう。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ