なぜ女性に愛煙家が増えているのか?タバコとストレス

なぜ女性に愛煙家が増えているのか?タバコとストレス

タバコを吸う女性は増加傾向にある 

最近ではビジネスマンの中で、キャリアを上げたければタバコを吸うなという会社が増えてきています。
数十年前には事務所のデスクに各1つずつ灰皿が置かれていた時代があったのにも関わらず、日本の本気禁煙対策でどんどんと喫煙者が減っていきました。
さらには喫煙者は採用しないという企業まで出てきています。
一流養成学校では、特に喫煙禁煙のボーダーがなく、吸いたい人は吸うという環境です。
そんな中、男性と女性では圧倒的に男性の方が喫煙率が高かったのにも関わらず最近、女性の愛煙家が増加していることを実感します。
今回はそんな、『女性の喫煙事情とストレス』についてお話しようと思います。

禁煙ブームなんて知るか!たくましい系女子の増加

禁煙がブームのようになり、タバコを吸いますか?という質問すら聞かなくなった今、喫煙ができるカフェや喫茶店には女性が多くいます。
むしろ、その店内を見るとデートに誘うならタバコが吸える場所を選ぶべきなのかもしれないと思うほどです。

『たくましい系女子』とは

最近でいう肉食系女子と呼ばれる人たちのことを表しています。
しかし、どの部分に関して肉食系なのかが具体的ではないので今回は『たくましい系女子』としてお話したいと思います。
『たくましい』というのは
具体的に
  • 安定した仕事・或いは自分が代表であり、リーダー的存在であること
  • 独立した経済力がある人のこと
  • 健康状態なども自分自身で管理できていること
  • 精神的に一人でも複数人でも同じ精神状態でだいたいのことができること
などが挙げられます。


生命保険の女性営業とアパレル系女子に喫煙者が多い

これは驚きなのですが、保険の営業をしている女性に喫煙者が非常に多いことが驚きです。
内勤では喫煙者は少ないのにも関わらず営業となると喫煙者が増えるようです。
この下調べは、代理店経営をしている経営者が会合に参加した際に気づいたことだと話してくれました。
男女問わず『営業』という仕事にはストレスが多く、何かしらにストレスを ぶつけ吐き出したい気持ちになるのでしょうか。
ちなみに、営業に近いアパレル販売員の喫煙率も相当高いようです。
これは大手百貨店で30代にしてラグジュアリーフロアのマネージャーになった方にも教えてもらいましたが、館内の喫煙所にいる販売員の3〜4割が女性ということも少なくないといいます。
つまり、営業・販売職は喫煙率が高く、禁煙していてもまた吸ってしまう可能性が高い職場だと言えます。

タバコがやめられないのではなく、やめる気がない


一部の喫煙者からは、恋人がタバコを吸わないからという理由で「タバコをやめたい」とLINEやTwitterなどのSNSで発信している人もいます。
しかし、一方で『全くやめる気がない』という女性も多くいます。
タバコが一箱1000円になっても生活を切り詰めるほど困窮していないし、何よりタバコを吸うことでのストレス発散の方がパワーがあるというのです。

肉食化した女性と草食系女子のストレスのはけ口

タバコを吸い続けることで、男性からの印象が悪くなったり、健康に不安を抱えたりと色々やめる理由はある中、たくましい系女子以外にも『肉食系女子』『草食系女子』はやめたくてもやめられない安定剤になっている層もあります。
肉食系女子と呼ばれる人たちは、まず男目線など気にせずガツガツと仕事でもキャリアを積んでいきたいし、女性だからどうこう言われることに非常に抵抗がある考えが、タバコの本数に比例するようです。
少し愛煙家の肉食系女子の肩を持つと、『男になんか負けない』というパワーの反動が大きなストレスになっているのかもしれません。
それとは反対に草食系女子は自分の意見をなかなか言えない性格が多く、溜め込むストレスをタバコで発散させている傾向があります。
タバコを吸うことによって、解放される感覚を感じるのでしょう。
行動心理学では、滝枝氏曰く身体に悪いと思うことを積極的にするのもストレス発散の一つになることがあると言われています。
裏付けとして、嫌なことがあった時に『やけ酒』をするのと同じような行動欲求のようです。
これがメンタル的に重篤化すると、自傷行為に繋がってしまうそうです。

自傷行為をする人は喫煙率も高い

精神的にストレスフルな状態の場合、酒やタバコをする人が多く、何かしらに『依存』してしまっている人も多いようです。
これは酒やタバコなど体内に取り入れるものだけでなく、パチンコや競馬などのギャンブルもそうだといいます。


男女雇用機会均等法は女性へのストレスを増やし喫煙者を増やした

*男女雇用機会均等法とは、日本国憲法の理念である雇用男女均等なチャンスと待遇を確保して女性の働きやすい環境を推進することを目的としています。
上記を読んでもらうとわかる通り機会を与えられているが分、ストレスは過去の労働環境よりハードワークになっているということです。
そして、女性の上司も増え、上司が吸っていることをきっかけにタバコを吸い始めたという人も多いのではないでしょうか

女性に愛煙家が増えている理由は過剰なストレス

男女ともに言えることですが、女性が「女性らしく」という文化の中に、男性が草食化して、男がなよなよしていて良いなら、女がガツガツしていていいじゃないか。
という発想は間違ってはいないでしょう。
しかし。そのガツガツとパワフルに動くことによって蓄積されるストレスは精神的に病みを抱えるきっかけにもなりやすく、ストレス発散のはけ口を探すようになります。
もちろん、私も、今読んでくれている方も皆、ストレスがきっかけで吸っていなかったタバコを吸うようになるかもしれません。
そしてやめていたタバコを吸うようになってしまうかもしれません。
この記事の最後は、「タバコをやめましょう」で締めくくるのではなく、ストレスをしっかり放出できる手段を得ていかないと今後、より生きにくい環境になった時に取り返しがつかなくなってしまうので、今のうちに『自分だけの』ストレス発散方法を探してみてはいかがでしょうか?

クレームで多いのは『タバコ臭い』

比較的大きい規模の会社では、代表電話やお客様サポートセンターなどに毎日『ご指摘』が来ます。

その中で多いのは商品や資料に匂いが付いている、或いは営業マンがタバコ臭いなどという指摘です。

タバコの匂い問題と電子タバコ

営業職のほとんどは会社の車で移動し、社内禁煙にもかかわらず長距離の移動では、窓を開けて吸う人もいます。

これは過去に、会社の備品や設備を汚す・価値を落とす行為ということで社員に減給処分を言い渡した企業もあります。

そして、登場したのが電子タバコ(加熱式タバコ)です。

アイコスと電子タバコ

2015年にフィリップモリス社がiQOS(アイコス)を販売し、電子タバコが本格的に市場参入しました。

電子タバコは電源を入れると加熱ユニットが稼働し、煙ではなく水蒸気が発生します。

薫らせているわけではなく発生させた水蒸気を煙として吸っています。

そのため、服や商品に匂いがついてしまうということもほとんどありません。

非喫煙者はタバコに関して無知な人が多いですが、日本で販売されている電子タバコはニコチンが含まれていないため同室にいても健康被害はほとんどないと言えます。

iQOS(アイコス)は営業マンの人気1位

日本で電子タバコ・加熱式タバコの存在を知らしめた、一番シェアが高いiQOS(アイコス)。

流通量も多いため、紙巻きタバコと変わらないくらい購入が容易です。

iQOSアイコスの特徴は、通常の紙巻きタバコとほぼ変わらない分のニコチンを摂取することができます。

営業マンのタバコ臭対策には欠かせない喫煙アイテムになっています。

紙巻きたばこに比べて発生する煙、すなわち蒸気の量が少なく、臭いも軽減されているということです

女性に人気のメンソールに強いglo(グロ ー)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンから発売されているglo(グロ ー)は、女性の支持が高いのが特徴です。

理由としてはフレーバーと呼ばれる『タバコの味』にメンソールやフルーティなものが多く、16種類もの種類があります。

メンソール系でタバコと同じくらい『ガツン』と吸いごたえがあるものはグローがおすすめです。

『1服ができる』Ploom TECH(プルームテック)

 

JTから発売されているPloom TECH(プルームテック)はバッテリーに自信があるため、営業マンが1日充電せずに使い続けられる(1箱分)のが嬉しい部分です。

そしてPloom TECH(プルームテック)は葉巻と同じ吸い方ができます。

簡単に言えば、時間がないけど一吸いだけしたい、そんな時に1本吸い切る必要がない仕組みなので、いつでも一服できるのが魅力です。

若者のファッショナブルな新世代ツールVAPE

加熱式タバコとは、VAPEは全く違い、リキッド式でタールもニコチンが入っていないものしか日本では買うことができないのも特徴です。
水タバコのように煙が出る吸い方もでき、『趣向品』としての要素が強くなります。

加熱温度調整のできるPULZE

 

インペリアルタバコから発売された加熱式タバコがPULZE(パルズ) です。

加熱式タバコで加熱する温度が調整できるのも特徴です。

まだ登場して間がないため、コンビニなどによっては取り扱いが少ないこともありますが、2台目、サブ機として楽しむのもいいかもしれません。

iQOSの便利なセカンドカー iBuddy

iQOS(アイコス)の互換性のある電子タバコです。

iQOS(アイコス)の不便さである『一手間』がなくなったものです。

具体的には、gloなどと同じように、ホルダーから取り出さずに挿せばすぐ吸えるという部分です。

iQOS(アイコス)や電子タバコの共通した不便さである機械の故障やバッテリー切れ対策にもおすすめです。

電子タバコが営業マンや女性の愛煙家増加の後押しに

服や髪に匂いが付きにくい

加熱式タバコは、タバコの葉を使用していますが葉を紙巻きタバコのように燃やさないので、匂いが出にくくタバコ臭と感じにくい煙になります。

VAPEに関して言えば、そもそもがリキッドであり葉を加熱すらしません。

そのためタバコ臭は気になりません。

タバコが経済的格差の象徴になりつつある

タバコは紙巻きタバコか電子タバコかを問わず、一本あたり20円ほどの値段に換算され、一箱500円ほどになります。

1日1箱吸う方であれば、月に15000円、年間で18万円の支出になります。

平均的な年収の350万円の営業マンであればタバコでの支出は約20%占めることになります。

つまり高級な嗜好品と言っても過言ではない時代になっているのは確かです。

それに付け加えて、20歳を超えた大学生や若いサラリーマンには高すぎる趣向品になったのも事実です。

関連コンテンツ

タバコの吸えなくなる飲食店とそうでないお店の差とは?

PR

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎情報収拾に最適!滝枝氏のipadに入っているアプリ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎少額投資 ベンチャー企業で資産形成⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎大人気docomo系列だから、安心して加入できる⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎キャリアUPはまずは下準備から⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズも高額買取してくれます⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

営業マン養成講座カテゴリの最新記事