年収300万円の生活を抜け出す方法

電車やカフェで座っている隣の人の年収がいくらか、あなたは考えたことがありますか?

『今の平均年収は400万円ほど』

『自分の給料はそれより下だ。』

そんな方はまず、自分の生活を振り返りながら、この記事を読んでもらいたいと思います。

年収300万円の生活は厳しい=抜け出す決断力が必要

東京や大阪に住んでいる場合、年収300万円台は、ほぼ自分が食べていくだけで赤字になるくらいの年収です。

恐らく年収300万円ほどの方は、かなり追い詰められた生活をしているでしょう。

月20万円ほどの手取りで家賃の半分、携帯代や光熱費、食費を入れると既に赤字になる。そんな人たちが年収300万円です。

年収300万円だとデートもできない=モテたいなら年収UP

これだけギリギリの生活を強いられると、女性とのデートもまともにすることができません。

食事に2人で安い居酒屋に行っても5000円はかかるでしょう。

女性の前でキャベツばかり食べているわけにもいきません。

そんなデートで、仮にも良い雰囲気になっても『タクシーで送るよ』ということもできなければ、ホテル代すら出すことに躊躇する生活です。➡︎自慢の彼氏になるにはこちらの記事

一流の出来る男を支えるのは極上の恋愛

意外と多い年収300万円代=抜け出したら勝ち組

20代のサラリーマンなどは300万円台でも許されるかもしれません。

医者の卵たちは、まだ研修医として働いたり大学院卒であれば初任給で考えれば年収300万円台の方が自然でしょう。

しかし、普通のサラリーマンで年収300万円を受け取り数年働いている人たちは希望が持てるのでしょうか。

そして将来に不安を感じないでしょうか?

年収数億の私も元は年収270万円だった

最初から給料が多い仕事など、日本には殆どありません。

私もサラリーマンとして働いていた時の初任給は17万5000円でした。

しかし、2年後に500万円になり、その3年後に年収1000万円を超えた私は、何をしたのでしょうか。

➡︎年収を筆者がアップさせたの理由はこちら

圧倒的な結果を出し転職するのが一流

私は、この年収のまま何年もやっていくことは自分の人生にとってリスクだと感じました。

そこで当時勤めていた服飾関係のお店で圧倒的な結果を出すことを目標にしました。

全国販売員ランキング1位

店舗内売上1位

エリア売上1位

社長賞を獲る

この4つを目指しました。

転職サイト1位のサイトへ エージェントで転職に挑戦 自分の年収相場を確認 書類選考なし求人を見る

目先の給料ではなく将来のために結果を出す努力

私が掲げた目標は、当時勤めていた会社では相当難しく年功序列で顧客が付いていたこともあり、新人がランキングに入ることは難しかったのです。

顧客がいなくても、外で顧客を作ることはできるのです。

私は、一人暮らしをやめて実家に出戻りしました。

そして、一人暮らしで買った家電などを売り、家に家賃の半分の5万円を入れ、後の給料の8割を本やセミナー、売れている販売員のために使いました。➡︎一流の読書術はこちら

売れている販売員に貢ぐ

売れている販売員はお金を持っています、しかしそれ以上に持っているものは『スキル』と『経験』と『知識』です。

毎朝コーヒーと吸っているタバコの銘柄を買い、喫煙所で待ち構えました。

売れている販売員のノウハウを仕入れて、結果を爆発させました。

私は、売れている販売員に貢ぐこと半年。

その販売員を抜き一位になることができたのです。

必ず結果を出して動く

私はその後も販売成績が伸び続け、2年がちょうど経った日に転職をしました。

店舗内売上1位・エリア売上1位・全国販売員ランキング1位・社長賞を獲った販売員として、転職したのです。

この2年間は、「会社に認められたい」というような目標ではなく、転職する準備として2年を使ったのです。

年収300万円に満足していないのなら、本気を出してみてもいいのではないでしょうか?

自分のキャリアを育てれば、年収など一瞬で上げることができるのです。

転職サイト1位のサイトへ エージェントで転職に挑戦 自分の年収相場を確認 書類選考なし求人を見る