営業マンの肩こり・首こり・スマホ首は『お灸』で解決

最近某企業でスマホ首(スマホっ首)にという名称で症状をまとめて商品の説明をしているのを目にしました。

今回は今見ているパソコンの画面やスマホの画面を含めて、見ない・触れない日はないほど、ライフスタイルに浸透し依存しているツールの副作用と、副作用を乗り越えるための秘策『お灸』についてお話していこと思います。

営業マンの肩こり・首こりは『お灸』で解決

スマホ首とはそもそもなにか?

半数以上の女性が、スマホの使用と回答しています。

長時間スマホを見たり触れたりして、凝り固まった首や肩のコリを総称して言われています。

特に20代の女性に多いと言われており。75%以上はスマホ首(スマホっ首)の症状が出ているそうです。



営業マンの肩こり・首こりはの原因

なぜスマホ首・ストレートネックになるのか

頭の重さは約6kgほどです。

スマホをする姿勢はちょうどし向き加減で重力により首がまっすぐ伸びている状態になり、身体全体で支えるべき頭の重さを首を支点に支えてしまっていることが原因の一つだと言われています。

慢性化した肩こり・首こりは自覚症状より深刻であることが多い

慢性化した肩こりや首こりはいつのまにか曲がった木の枝のように、『いつのまにか』慢性化していることが多いです。

「一時的に肩こりだ」というより、肩こりがひどい日とそうでない日という考えに変わり、接骨院などにいくと首が完全にストレートネックになっていたり、背骨が曲がってしまっていたりします。

マッサージや指圧・鎮痛剤など対応策は様々

肩こりと言えばマッサージを思い浮かべる人も多いでしょう。

私もマッサージにはよく通っていました。

最近ではめっきりめっきりいくこともなくなりましたが、一時は週に2回90分のマッサージを受けないと頭痛などに悩まされることもありました。

マッサージは肩こりを治すのではなく『症状緩和』

マッサージは曲がった骨を治すほどの力を入れることもできないですし、医療行為ではないのでそこまでの行為をすることができないため、スマホ首などを始めとする肩こりや首コリを根本から治すことは難しいと言えます。

そのため、『凝り固まったものを揉みほぐす気持ち良さ』が最大の効能で、医療的に言えば緩和治療に該当するでしょう。

肩こりは頭痛・吐き気にも繋がる

肩こりやスマホ首はそもそもストレートネックになったことによる症状なのは理解できたとして、実際ストレートネックは肩や首回りの血流が悪くなることでさらに症状を悪化させるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

血流が悪くなることによって、頭痛や吐き気などの『肩こり』『スマホ首』の症状を超える症状を起こしやすくなります。

営業マンのスマホ首・肩こりがメンタルやうつ病に繋がる

最近現代病になりつつある、メンタルやうつ病も血流に関係があると言われており、心療内科のドクターが出版したものにも『も体の血流や血のめぐりによって体の不調は解決しやすくなる』と書かれています。


肩こりで肩を回しても解決しない理由と肩こりのもう一つの原因

肩こりも首こりもスマホ首も血流が悪くなっているということまではこの見出しを読み進めてもらえればわかってもらえると思います。

しかし、肩こりや首コリを解消するために肩などを回しても一向に良くならないと感じる人は多いと思います。

その原因は、肩こりは全身に原因があるからです。

特にスマホもパソコン作業も独特の手首の角度を維持させて作業をします。

これは仕事以外で言えばゲームやクルマの運転も該当します。

人間が持っている元々の角度以外の角度で長時間作業をすることで血流は自然に悪くなってしまい、最終的に肩こりや首こり、スマホ首に繋がってしまうのです。

肩こり・首こり・スマホ首を緩和するお灸

一流養成学校の学校長である滝枝芳郎氏は、なんとお灸をしているそうです。
お灸は2000年以上も前に中国最古の医学書である『黄帝内経』でお灸の効力について記されています。

ビジネスマンや営業マンが『お灸』をするトレンドに突入か!?

お灸による治療法は、現在のスタイルと2000年以上前とさほど変わりはありません。
もはや2000年以上前から完成していたといわれているほど古くから行なわれている治療のようなものです。
お灸は身体にあるたくさんのツボに、よもぎの葉の裏の綿毛だけをとり出した『もぐさ』を置き、火をつけて、ツボを温めることを言います。
ツボを温めることによって血行をよくし、ヒトが持っている自分で治そうとする自然治癒力を高めて、カラダにおこっている症状を改善させる効力があります。

滝枝芳郎氏が語る、お灸の効果

一時期は岩盤浴やマッサージなどもトライしたが、お灸は部分的に暖かいお風呂にグッと浸かって「ふぁ〜」となる気持ちよさがあるといいます。
もちろん、普通に風呂に浸かるよりも短時間で凝っている部分や効果のある部分を集中して行うことができるので時短に繋がり、想像以上に効果は持続するといいます。
睡眠の質も高まり、リラックスできるのもお灸の魅力だそうです。

次の記事では実際どのようなお灸をどこにどうすればいいのかをわかりやすく、お話していきます。

ご期待ください。