外貨の意味を知りたい。為替レートって何?投資用語なのか。

外貨建ての『外貨』とは何か?ドルやユーロの関わり

外貨保険の『外貨』とは世界各国で使われているお金にはそれぞれ信用があります。

一般的には国際通貨と呼ばれている世界中で使われる通貨(円やドル・ユーロなど)が大半です。

しかし、世界中には『特定された国でしか使えないお金』もあります。



猿でもわかる外貨の種類

「1ドルを買いたい!」と言えば110円前後支払えば1ドルを手にすることができます。

要するに換金することが可能な通貨のことを国際通貨(ハードカレンシー)と呼びます。

一方、日本には存在しませんが、ある国の中でしか使うことができないお金のことを自国通貨などと呼びます。

自国通貨でいくらお金をたくさん持っていても、海外のお金に換金することはできません。

しかし、そんな自国通貨を利用する国も、国際通貨と両方を使用している国もあります。

日本は偶然にも安定的な通貨を言われている『円』とアメリカの米ドル(ベイドルと読みます)の『ドル円』という外貨を基準に経済がどうなのか、資産をどう運用するのか検討されます。

一流養成学校で使われる外貨

米ドル

ユーロ

イギリスポンド(UKポンド)

トルコリラ

外貨と聞くと『レート』と『為替』をよく耳にするが、何か?

外貨のニュースを聞くという表現はずれた表現で、為替レートをニュースなどで確認すると伝えた方が正確です。

では為替レートとは何なんでしょうか。




為替レートとは?

よくニュースなどで終わりがけなどに、「為替についてです」と言われる内容が為替レートです。

さらに具体的に言えば。「1ドル112円50銭」「1ユーロ121円54銭」など読まれているものが、為替レートです。

常に為替レートは動きがあり、さらには外貨を買いたい人と売りたい人がいます。

つまり、為替レートとは今『1ドルを買うならいくらか』『今、外貨を買うならいくらか』ということです。



なぜみんな。「外貨、外貨、保険、信託」と言うのか

外貨を利用した金融商品と呼ばれるもの(保険や信託)などの一例

外貨定期預金

外貨信託預金

外貨建て保険

外貨債権(国債を買うこと)



外貨建てを一流養成学校はどう向き合っているのか

一流養成学校では、外貨へのリスクを踏まえても外貨を取り入れた資産形成(お金を貯めること)をするべきだと、推奨している側のサイトです。

賛否両論あるのはリスクがあることや銀行任せ、保険会社任せになってしまったり、金融恐慌に陥った際に自分の元々あった貯蓄額より減ってしまう(元本割れ)を起こす可能性があるからです。

もちろん、その意見も運営チームも滝枝芳郎氏も知っています。



しかし、マイナス金利・低金利と呼ばれている時代(銀行に預けていても増えない時代)に外貨とリスクを上手にコントロールしない限りは貯金も資産も作ることが難しい時代です。

その中でいかにリスク(元本割れ)をしないように運用していくかが、今の時代を生き抜く最大の課題だと言えます。

外貨建てを始める(外貨建て商品を買う)タイミング

外貨建て商品で収益(元本より増やす)をあげるには円高(円の価値が高い時)に購入して、円安(円が安いタイミング)で売るのが一番わかりやすい利益の出し方です。

もちろん、占い師でも円高になるか円安になるかはわかりません。

大人気の映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートが新人時代。シーンで「株上がるが下がるかは誰にもわからない」「ウォーレンバフェットですらわからない」と言うシーンがあるほどです。



しかし、円高で購入するチャンスは大きいチャンスも小さいチャンスもたくさん転がっています。

ちなみに、一番のリスク回避はよほどの資産(貯金)がない限りは複数回に分けて購入することをお勧めします。

ビギナーでなくとも、外貨建ての商品に手をつけると、常に『今が絶好のタイミングだ!』と思うでしょう。

しかし、見方を変えればそこから急落する見方をすることもできます。

そのため、購入機会を増やせば平均でプラスになっていれば、一点集中でない分利益は少ないかもしれませんが、運用した差益(増えた分)を生むことがしやすいと言えます。




初めて『外貨建て』にトライするならば・・・『ドル円』

外貨建て運用をするのに、どの通貨で運用するかが気になるところです。

ドル円やユーロ円、ニュージーランド円など多くの通貨で取引ができるのは確かですが、どの通貨で取引をするかが悩みになるでしょう。

その時は『ドル円』をお勧めします。



ドル円がなぜお勧めなのか

日本の通貨である『円』は何より、日本の出来事に左右されやすい通貨です。

それに合わせて世界の為替市場の基準になっている『ドル』だと、身近で情報も得やすいという部分でお勧めと言えます。

流通量も多く取引の際に必要な手数料も、他の国の通貨よりも安いため差益を残しやすいレートです。