一流養成学校の滝枝芳郎とは?運営チームの内情と運営方針

一流養成学校の滝枝芳郎(たきえよしろう)とは

大手繊維会社入社後、輸入車の営業職に転身。

年間100台以上の販売実績を抱え年収1400万円に到達。

その後、更なる単価が高いビジネスを求め独立。

現在は不動産会社などを経営しながら、年間数億円以上収入を得ている。

昭和ではあり得なかった実業家とフリーランスの2本柱で商売のスタンスを早くから行い、平成29年から執筆家としてデビュー。

滝枝芳郎の年収は?

年収1億円〜2億円5000万円ほどの収入があるようです。

滝枝芳郎の収入源は?

複数の会社のオーナーとしての収入は比較的少ないようです。

投資による収益が年間5000万円〜1億円あるようです。

そのほかにも、マンションなどの家賃収入や、事業立ち上げへのコンサルティング・セミナーを行った結果現在の収入を得ているようです。

滝枝芳郎が行なっているセミナーやコンサルティングへの参加方法

現在は個別にオファーを聞き、緊急性や社会的に必要とされている案件を優先に引き受けているようです。

1ryu.takie@gmail.comが秘書や運営グループの全員が見ることができる共有のメールアカウントになっています。

メディア露出が限りなく少ない理由

滝枝氏自体が避けているというのが第一の理由のようです。

取材等も大手には別名にて出稿しており、著作権・肖像権プライバシーに関しても厳しくボーダーを引いているようです。

一流養成学校の武岡靖史とは

大手損害保険会社に入社後、保険会社と代理店との溝や、代理店と加入者の関係性に疑問を感じ年収1100万円と将来の安定を捨て独立。

現在では保険代理店の他、複数のビジネスを経営しており、ファイナンシャルプランナーとして活躍中。

現在、保険関係やお金の相談記事の監修と執筆を行なっています。

一流養成学校の運営チームにはフリーランサー集団

一流養成学校の運営チームリーダーMK

リーダーを務めるのはフリーランスで4年間活躍し、現在複数のビジネスを手がけている。

キャリアや年収などを一切開示しておらず、口数は少ない。

メンタルカウンセラーとして出稿している。

一流養成学校の運営チーム

リーダー以外にもwebコンテンツの企画・マーケティング担当や大手上場企業をクライアントに持つSEOのスペシャリスト。

そして税理士や会計士、フリーライターなど過半数がフリーランスです。

最後に一流養成学校のこだわり

一流養成学校では、自己啓発本だけでカバーできない『リアル』な悩みや困りごとを発信し『一流』に読者様がなってもらうためのものです。

お金持ちになったことを誇示するためのコンテンツではありません。

しかし、所得が上がるにつれて出てくる誰にも聞けない悩みがたくさん出てくると滝枝氏や滝枝氏の周りの一流の皆さんは口を揃えて言っています。

そして勤め人であるサラリーでも年収を効率よくあげる方法や、営業のノウハウを発信していきます。

本とは違うのはタイムリーに様々な成功事例を発表できることが魅力だと感じています。

今後とも一流養成学校をよろしくお願いいたします。