レクサスLMの登場、アルファード、ベルファイア、ミニバンの革命が起きるのか

実はこの記事に関しては武岡氏がご自身が運営していたサイトで取り上げていました。

その話を、武岡さんと共同で今回トピックスにさせてもらいます。

レクサスLS、ベンツSクラスの売り上げを減退させたのはアルファードの存在か

何より会社経営者や役員などの送迎車はベンツS、レクサスLSがメインで、芸能人やタレントはハイエースなどの背の高いバンタイプ。

(着替えなどもしやすいという理由もあるそうです)

しかし、近年アルファードが猛追撃をし、快適性を極めた結果セダンよりバンタイプの方が乗り降りもしやすいという『後部座席に乗る人間の気持ち』が社用車の購入判断材料になったといえます。

物理的に乗り降りのしやすさは車高の高さに関係します。

一流養成学校の学校長 滝枝もアルファードを送迎車に使用しており、本当に書斎としてプライバシーを確保できるという部分でアルファードを評価しています。



アルファードの威圧感とレクサスのLエンブレムの影響性

アルファードのフロントマスクは威圧感があり、レクサスのLエンブレムはステータス性が象徴されます。

しかし、中小企業で社用車を購入する際に、迷いが出る部分でしょう。

『儲かっているように見せたくない経営者』の存在も忘れてはいけません。

アルファードのエグゼクティブラウンジだとエンブレムバッチを外すなどして、あえてスタンダードモデルにしようとする経営者。

あるいは『ロイヤル』という最高峰モデルにエグゼクティブラウンジのエンブレムを貼るなど、様々な策を売っている。

儲かっているけど、儲かっていないように見せたい経営者の存在を今後見て見ぬふりはトヨタもレクサスもできないと言えるでしょう。

ランドクルーザーは『儲かっている』というイメージより走破性が先行しています。

逆にファミリーカーを脱してしまいかけている、アルファードの存在にレクサスLMが拍車をかけるようにも感じるでしょう。



レクサスLMとアルファードの将来性

レクサスLMはまだ未知の部分が多いですが、アルファードやベルファイアは非常にリセールバリューが高いことでも知られています。

しかしレクサスのリセールが比較的良いのは現在LX(ランドクルーザーが原型)です。

そのリセールバリューの良さを継ぐことができるのか。

これがレクサスLMの期待値だと言えるでしょう。

 

PR

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎自分は一流なのか!?是非ご確認ください⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎情報収拾に最適!滝枝氏のipadに入っているアプリ⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

✴︎一流養成学校 オススメ広告✴︎

 

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎少額投資 ベンチャー企業で資産形成⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎大人気docomo系列だから、安心して加入できる⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎キャリアUPはまずは下準備から⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎

⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎メンズも高額買取してくれます⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎⬆︎