会社員は学生と考える。自由人は『フリーランス』になるしかない

よく作業効率や生産性など色々言われる世の中で、自由人、自営業・自由業など様々な仕事が増えました。

特に最近はYouTuberが特に飛躍した職になりました。

YouTuberももちろん、フリーランス。

私、滝枝芳郎も会社経営者ですが、個人事業主として執筆業やセミナーなど個人の名前を使っている収入(最近でいうとメルカリの転売での雑収入など)として登記しています。

フリーランスと言えばリスクが多いなど様々なことをデメリットに挙げられますが、今後は以前からお伝えしている通りどんどんフリーランスは増えていきます。



会社員を学生(下積み・修行・丁稚)と考える理由

いきなり学生から起業家になるにはどうしても、経験不足で足元をすくわれる人が多いのです。

会社員はどれだけミスをしても、研修やセミナー、展示会や営業でサボっても、少なくとも給料はもらえます。

そして健康保険も半分会社が支払ってくれて、更には確定申告など会社員でする可能性する人は数%でしょう。

住宅ローン控除や年収2000万円超えるかどちらかです。

そんな最高の環境が用意されているが、自由はない。

だからこそ、学生と同じなのです。

学校は「次のページ」「宿題」「ダメでしょう」と叱ってくれる。

だが、フリーランスのお叱りは致命傷になってしまいます。



会社員を辞めてフリーランスになるメリット

それは稼ぎたいだけ稼ぐ。

そして寝たいだけ寝て、起きたい時間に起きて、食べたい時間に食べて好きな場所で好きな仕事ができる。

面倒でも確定申告をすれば、住宅ローンも組めます。

むしろ、住宅ローンを組む必要すらないくらい収入を得ることもできます。

もっと簡単にリスクを壊す一言を皆さんに言うならば。

自由に生きることが職業と考えることができるのがフリーランスです。

やりたいことを仕事にしてやりたくないことをしない。

それができるのはフリーランスだけでしょう。



フリーランスが会社員よりも稼げる。それは錯覚。

フリーランスが会社員よりも稼げる理由はマージンの問題ではありません。

実は、好きなことをしているからです。

好きなことをしている時間は一瞬で時間が過ぎます。

気づけば案件をこなし、いつのまにか時間が立っていて経験が蓄積されクライアントや仕事が増えていき、自分だけではこなすことができなくなりスタッフを雇うようになる。

楽して稼ぐのではなく、楽しく稼いでいる人がフリーランスには多いということです。



自由人とフリーランスのマッチング

自由人とは今日はモノを売りたいけど、今日は執筆をしたい。

アパレルも作りたいけど、リフォームやクルマのカスタムをしたい。

そんなことを会社員がしようと思えば人生をいくつ用意しても足りません。

そもそも、その仕事に就けるかわかりませんし、転職を繰り返す人間自体偏見があるかもしれません。

しかし、フリーランスはパラレルが可能です。

副業ではなく、『複業』ができる。

何でもしたいし、稼げば休みたい。

そんな自由人はフリーランスになるしか道はないでしょう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ついに時代はSNS転職時代へ!!

フリーランスのように会社員になる。

自由に転職活動を行い給料や職歴などの条件ではなく、やりがいや環境で求人者と求職者をマッチングさせるソーシャルネットワークが完成しています!

ビジネスSNSは今後インスタグラムやフェイスブック同様に知名度を上げ、電子マネーのように環境に順応していきます。

ということは・・・

今このSNSを利用している人材は、『先見の明』がある人材が多く時代を読み取れている企業の集まりだと言えます!