転職する前にスキルアップ方法【ビジネススクールや自己投資法公開】

まもなく新入社員が入社して5月病や中二病の再来など様々な症状が、心で起こります。

今年こそ辞めてやる、転職してやる。

と思っている社会人は多いはずです。 そこで今日は転職するときの武器になるスキルアップや自己投資の考え方と掟をお伝えしていこうと思います。

ビジネススクール行くなら『自己啓発本』をまず読む

ビジネススクールは余程レベルが高いものにエントリーして、自分も付いていけるレベルならば入会していいと思います。

安易に『ビジネススクール』という名前に踊らされて入会するのはお金の無駄です。

自己啓発本がビジネススクール良い理由

これは大きく2つ。

・知っていること・わかっていることを学ぶ時間が勿体無い

・読み直し・困りごとは学んでいる今ではないかもしれない

 前者は簡単ですので説明は短めにします。

自分の得意とする分野を伸ばすだけの授業でない限り、仕事のフローを聞いているだけで優等生ともてはやされて終わりです。

後者の自分の困りごとというのは日々湧き出ます。

こんなときどうすればいいのだろう。

『自己啓発本』はコスパが良く、自分の課題がわかる

例えば、営業職が管理職になりマネジメントをする際、営業職の自己啓発本ばかり読んでいてマネジメントは中学校の学級委員長よりレベルが低いということもあるのです。

そのときに、読み直したり、さらっと頭の片隅に入れるのは視野からが一番です。

ビジネススクールなど聴覚からの学びは、「聞いたことがあるが理解していない」ということが一番起こりやすく思い出しにくいのです。

そのためビジネススクールに通うならばその場でインプットし、ホームワークで完全にスキルとしてアップデートするだけの行動力がなければ活かされません。

自己啓発本より情報商材は『即効性』がある

最近ではメルマガも含め情報商材としてPDFなどを購入するという分野も活発です。

一流養成学校の『メルカリ完全攻略マニュアル』もその類です。

自己啓発本よりもPDCAでいうと他の人がPDCAした成功法をなぞるというやり方なので、当たれば高額商材でもノウハウやスキルを手にいれることができるので、コスパは非常にいいと言えます。

もちろん、読むに耐えない商材もあるので、その点はしっかり見極めましょう。

本も情報商材もビジネススクールも必ず当たりはある

1000冊以上の本を読んできた私もハズレをたくさん引きました。

ですが、当たりの1冊がハズレの何十冊を吹き飛ばすくらいの結果に導いてくれるのです。

強制的に買わされるテキストではないかぎり、選ぶのは自分です。 ハズレの商材を選んでも、笑って次にいけるだけのメンタルがないといけません。

転職するなら読書やビジネススクールに通って準備して挑む

転職をする際には必ず聞かれます。 「なぜ以前の会社から転職しようと思ったんですか?」と。

そのときには、答えられるだけの準備をするためにはスキルや知識・努力を身につけるのが転職成功・キャリアアップ・年収アップの近道だと言えます

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ