結婚式にビジネススーツはダメなのか?【金欠対策】

最近新入社員ネタが多いおかげで、若手の営業マンから質問があったので返事しようと思います。

質問:

 

滝枝さん

社会人2年目で常に飲み会などで金欠状態です。

それなのに、来月友人の結婚式があります。

社会人になって初めての結婚式の参加なのですが、何を着て行こうか迷っています。

社会人になったらやはりフォーマルスーツの方がいいのでしょうか?

ご指導お願いします。

結婚式にフォーマルスーツでなければならないのか

これは意見は多少分かれるかもしれませんが、先輩社会人として、経営者としてお話すれば、フォーマルのブラックスーツを着なければならないかというと、そうではありません。

本来は冠婚葬祭用のスーツと呼ばれていたフォーマルスーツですが、現在の結婚式のシーンでフォーマルな冠婚葬祭用のスーツを着るのは『親戚や近親者』の時は着るべきだと言えます。

しかし、ビジネスのブラックスーツでも十分マナーとしては問題ありません。

結婚式にビジネススーツでも大丈夫!

ビジネス用のスーツで結婚式に参加するならば柄と色に注意

いくらフォーマルのスーツでなくてもいいと言っても、ストライプが入っていたり、ブラックに見えないようなライトグレーやブラウン・ベージュなどのスーツはカジュアルパーティと言われても避けるべきです。

濃紺やチャコールグレーなどのスーツならば許容範囲と言えますが、ビジネス用の黒色のスーツの方がいいと言えます。

結婚式にビジネススーツを着ていくならば

ビジネス用のスーツで結婚式に参加するならばシャツに注意

ビジネススーツで結婚式に出席する場合、悪目立ちしてしまうのが、シャツです。

フォーマルや冠婚葬祭では、ボタンダウンのシャツがカジュアルとされているためNGです。

そして、色物のシャツや織り柄なども避けるべきです。

シンプルな白シャツがベストです。

結婚式にビジネススーツで恥ずかしい思いをしないために

ビジネス用のスーツで結婚式に参加するならば小物に注意

ビジネス用のスーツで結婚式に行く時に、日々つけているストライプなどのネクタイはせめてやめましょう。

光沢感のある明るめのソリッド(無地)のネクタイがお勧めです。

量販店のような洋服の青山やスーツカンパニーなどで3000円ほどで購入することができます。

ビジネススーツで結婚式に行くコーデに不要なもの

カフスボタンやタイバー、アクセサリーなどは不要

最近ドレッシーなスーツの着こなしということで、カフスボタンやタイバーなどを雑誌や販売員が勧めてくることもありますが、『お洒落』だと思う人もいますが、結婚式をするのは友人であり、引き当て役は『祝福』の想いを表現しなければなりません。

そのため、不要なアクセサリーは外しておくべきだと言えます。

もしも結婚式で『できる男』になりたければ

結婚式にビジネススーツで参加しても『できる男』に見せることはいくらでもできます。

それは『手入れ』です。

髪型やスーツのシワ、シャツのヨレ、靴の汚れなどはフォーマルのスーツを仮に着ていてもマナーどころか『できない男』『ダメンズ』です。

綺麗にまとめた髪の毛。綺麗に整えた髭。

名前を書く際に見られる手元(爪)などを意識する。

清潔な白のシャツに、プレスで綺麗伸びたスラックス、背中に沿ったシワのないジャケット。

磨き込まれたブラックシューズ。

これを完璧にできれば、ビジネススーツを着ていることに劣ることは何一つないと言えるでしょう。