ワーママ必読!出社より起業が常識になるのか。ワークスタイルを整える方法

ワーママ=ワーキングママ

最近は本当に本当に、キャリアウーマンや女性の敏腕営業マンも増えてきています。

今も昔も変わらず、生命保険業界は歩合制の会社が多いためアクティブに動ける、稼ぐ・キャリアアップを目指したい女性の目指す業界でした。

他にもアパレル業界も女性が多い市場なので、マネージャーに若くして昇格した人も見たことがある。

しかし、男女にどれだけスキルや給料の差がなくなっても、子供を産むと話は変わってきます。

今日はそんな子供を産んでからのワークスタイル。

ワーママはどう変わっていくか、どうすることが良いのかをお話しいきます。



どうしても子供の体調などで早退などが多い

これも仕方ないことです。

子供は体調を崩しやすいものです。

いくらでも私の会社は早退を認めますが、どうしても役職についている女性は帰りにくい・帰ることができない重圧と戦っているようです。



ワーママにとって勿体無いのは通勤時間

ワーキングママは仮にも子供を預けて仕事に行くにしても、預ける先に行き、職場に行く。

なんだかんだとタイムロスが多いのです。

普通に通勤しているビジネスマンですら住むところを近くする『職住近接』がブームになる中、通勤の時間がワーママにとって非常に勿体無いのです。

もちろん、通勤電車やバスでは風邪やウィルスもあり自分自身の体調管理を気をつけないと、全てが円滑にまわらないという事態になってしまいます。

そんなプレッシャーを少しでも解消したいと思うのですが、会社という組織はなかなか柔軟に対応をすることができません。



ワーママ社長は今後必ず増える

そんな中、最近私たちの一流養成学校でも副業としてメルカリを使用した収益化・利益を膨らます方法を伝授するマニュアルを販売しましたが、そんなメルカリはワーママにとって最高のアプリであり仕事場にすることができると言えるでしょう。



通勤時間0、子供の面倒を見ながら好きな時間に働ける

もちろん自分でビジネスをするということは週休0日〜7日まで好きに選ぶことができて、仕組みを上手に作れば、自分の決めた利益までで仕事を打ち切ることも可能です。



ワーママ自体がワーママの情報のニーズに応えられる

ワーママはワーママ同士の情報収集をしており、どんな仕事でどこに子供を預けるか、ワークスタイル、服装など様々なことを口コミで聞いているようです。

ワーママに向けたワーママによるコンテンツなどは、今もありますがまだまだ狙える分野はたくさんあります。

それが『ワーママ×ビジネス』だと言えるのです。



会社の経営も予め出産や育児の隙間に準備をしておけば、準備に時間や資金がなくなってしまうことも少ないでしょう。

自分のためのワークスタイルを作り上げる時代に今はもうなっていると言えるのです。