一流になりたい!けど本当にお金がないところからお金持ちになれるのか

どうも皆さん、一流養成学校の滝枝芳郎です。

新年のメッセージなどありがとうございます。

少し遅くなりましたが、感謝です。

さて、今日はちょっとした報告ごとです。

なので、テーマや見出しなどはなく、淡々とお話します。

2019年の一流養成学校は0を『1』にします

一流養成学校では様々な一流の営業マン・ビジネスマン・経営者・投資家になるためコンテンツを提供してきました。

その中で、一流養成学校を開校した当初から意見で頂いていた、

一流になりたい!けど結局お金がない。

どうやったら稼げますか?

という想像以上の声に真剣に向き合っていました。



私や運営スタッフの想像以上に、今の地位自体に満足しているどころか、スタートすら切り方がわからなくて途方にくれている人が多いことに胸を痛めました。

やる気があるのに、必要とされている場がない。

どれだけ働いても、お金がない。

チャンスを見つけたいが、環境がない。

事業を始めたいが軍資金がない

軌道にビジネスが乗るまでの生活費を捻出できない。

 

さまざまな意見がありました。



確かに。そうですね。

綺麗事だけで一流にはなれません。

綺麗事抜きに、何千万も稼ぐ方法はいらない。

だけど、

目標に向かって動く0円の労働をサポートできる術が知りたい。



時間をなるべくかけずに、一流の道を歩むための0から1の準備を安心してする方法を知りたい。

というのです。

私の場合は、営業マンという時代の資金を削り、事業を起こし早い段階で従業員を雇い勝負どころで勝ちながら今の生活を手にしました。

だけど、すべての人が、営業マンで数千万円貰える仕事にそもそも就いてるだけでもないのは事実です。



なので、一流養成学校の運営スタッフ全員で昨年から、

『完全に0、完璧に0、だれでもできるところから』をコンセプトにしたスキーム作りの企画が動いています。

資本ほぼ0、キャリア問わず、借金の有無も問わず、もちろん自己破産をして再起をかけている人でもできるビジネスを一生懸命組み立てています。

今年は厳しい年になると言いました。

厳しい年ほど、守りに入るのが既存ビジネスです。

撤退。

倒産。

縮小。

削減。

などマイナスなスパイラルを生むでしょう。



それは逆に参入する人間を迎えはしないが拒絶する余裕や、新人イジメをする余裕もないと言えます。

生まれたての柔軟なビジネスは、私たちの提供するノウハウに枝葉をつけて飛躍することが容易にイメージ付きます。

 

もう間も無く完成です。
販売を開始いたしました。

期待していてください。

一流養成学校  学校長 滝枝 芳郎