独身『20代』はお金持ちになれる

たくさんのお金持ちがいる中で、それより多くの『普通』の年収で『普通』の人生で終える人がいます。

今回は『独身の20代の人』だけにフォーカスしてお金持ちになれると秘訣とマインドセットの仕方をお伝えし『自信』を持ってお金持ちを目指せるきっかけを作っていこうと思います。

20代に限定される理由

20代ならば、3回以上会社を潰せるだけの時間がある

20代であれば、事業を30個以上潰せる時間がある

20代であれば、価値観を簡単に変えられる

20代であれば、恐怖がまだ少ない

20代であれば、伸びしろが大きい

20代であれば、経験が社会人経験が少ない

この6つの理由からお金持ちになりやすいと言えます。

独身でなければいけない理由

独身でなくてもかまいませんがそれなりにお金持ちへのハードルは高くなります。

家族がリスクを取れなくさせる

借金やクレジットのブラックリストにも家族を巻き込む

事業を潰す時に気をつかう

一人で真剣に考える時間が少ない

一人で真剣に落ち込む時間が少ない

子供のことを考えると安定を考える

この6つの要因がお金持ちのハードルをグッと上げてしまうのです。

お金持ちになるには失敗が必ず必要

お金持ちになるのも、一流になるのも、必ず失敗をしなければなりません。

他の人たちよりも大きい失敗を多くすることがお金持ちにします。

ちなみに現在のアメリカ大統領のドナルドトランプ氏も4回の破産申請をしています。

そのほかにも事業の失敗や、借金など多くの成功者やお金持ちは失敗を経験しています。

経験が少ないほうが色眼鏡がない

20代のまだまだ経験が少ない時期は、裁判のように過去の事例から基づいて結果を考えるという習慣がまだ定着していません。

これは言い換えると偏見がないということです。

無限のトライ精神がなければ、お金持ちにはなることは難しいと言えます。

そして、30代になると役職に就くビジネスマンも増えてきます。

そうすると、『社会の縮図』を見てしまうのです。

上の席の上の席にも上がいる。

そして、一番上は踏ん反り返る企業の姿を見てしまう可能性が高いのです。

一人の時間はお金を生み出す泉

一流の経営者は海外でも座禅や黙想をする習慣があります。

京都に行くと、世界中のエリートや経営者が集まり座禅や黙想の基礎となる『禅』について学びます。

それくらい自分と向き合う時間を『一流』は大切にしており、自分と向き合うことで、失敗の反省や向上心などをコントロールするお金を生み出す基礎となっているのです。

20代の独身であればチャンスは活かす

20代で年収を上げたい、お金持ちになりたいという願望をもっている人は大勢います。

しかし人の10倍20倍100倍の収入を得ることができるのは本当にわずかです。

その『わずか』に自分は入れるかどうかは、

『お金持ちになる』になるという確固たる思いと、決断力です。

それだけでお金持ちになれる道は拓けて行くのです。

➡︎本気で転職すると決めた時に3分で読むべきコンテンツはこちら

➡︎自分の市場価値・年収をまずは確認したいなら、このコンテンツへ