【滝枝芳郎FX講座12】『デモトレ以外にも少額FXはしなくて良い。緊張もリスクも必用』

こんにちは^^
滝枝芳郎FX講座】学級委員長の松崎久美です!

松崎久美のFXノート『デモトレ以外にも少額FXはしなくて良い。緊張もリスクも必用』

今回は、FXなどの書籍で少額Lotで運用できる証券会社を探してみましょう。

という章を読んで滝枝先生に少額FXをするべきかどうかの意見を聞いてみました。

滝枝先生は少額FXトレードはしなくていい派

デモトレもあまり推奨はしなかった滝枝先生は、少額FXをもしなくていいと話をしてくれました。



少額FXトレードとは

通常FXの証券会社会社は現在レバレッジ25倍でトレードをするそうです。

証拠金(口座に入れておかなければならない金額)は平成30年12月で約4万円〜5万円の間だということでした。

この4万円〜5万円で1万通貨の取引が可能だと習いました。

そして少額FXでは、1万通貨の1/10の1000通貨での取引を推奨する考えのFX教本も数多く存在します。



少額FXトレードのメリットとデメリット

メリット

・デモトレでは利益が出ても一円にすらならないが、少額トレードは1円どころか数千円、数万円を稼ぐことができる。

・少額FXトレードだと証拠金も1/10で済むため気軽にできる

・トレードの流れを実践練習できる

 

デメリット

・損失は少ないが、利益も少ない

・本番の緊張感を味わえるが、身銭は結局1/10のため損しても痛みは1/10である。

・少額FXトレードができる証券会社とメインで使っていきたい証券会社が違えば使い勝手はまた慣れが必要



*確かにメリットを活字で読むと感じますが、身銭も1/10ならば少々無理なエントリーをしてもいいかなと魔が差すこともありそうです。

リスクに慣れは要らない、緊張は常に必用

デモトレや少額トレードでは、リスクを最小限に減らすという部分がメリットとされますが、滝枝先生曰く、リスクになれてしまってはいけないし、1000通貨も1万通貨もやっていることは同じです。

変にリスクに慣れて、通常のFXのトレードに入って含み損を見ると正気で居られる人は早々いないと言います。

緊張は、常にするべきだと続けて滝枝先生は言っていました。

1億くらい証拠金があれば、リラックスしてもいいんじゃないかな。と滝枝さんは言います。

*松崎の一言、1億って多分私の生涯年収と同じくらいじゃないかな・・・。



自分のこの決断が正しいかどうかはエントリーしなければわからない。

どれだけ完璧に情勢を読んでもエントリーした途端に逆方向に、トレンド(上がるか下がるか)が動くものです。

それでも、自分を信じる部分や、リスクヘッジに動かないといけない時もあるから緊張は必用だと言います。

 

滝枝先生に質問!緊張が必用という割にパパッと携帯やスマホで操作してませんか?

そうですね。

それは証拠金がある程度ある程度確保できている環境で、エントリーができているから。

30年くらい持っていても良いし、スワップポイントだけでなんいくら増えるのだろう。と思うくらい気楽にトレードはしています。

今のトレードしている金額は、松崎さんが思っているよりはるかに少ないはず。

10倍含み損抱えても耐えられるところまで、コツコツ・・・いやコソコソ小さく利益を取ってきたからです。

始めた当初は気が気じゃなかったです。