老後の心配している一流の30代、貯金と資産

みなさん、こんにちは、一流養成学校の学校長 滝枝芳郎です。

さて、最近エリートや高年収の30代ほど老後をですでに心配をしているという話を耳にします。

みなさんの周りはどうでしょうか。

今回はちょっと早いと思うかもしれませんが、、高齢化社会だからこそ、老後の知識は営業やビジネスの『縁』に繋がるかもしれないのでお話しておきます。

30代の老後『心配』貯金と資産

長生きは良いことだけどお金がかかる

最近は医療の進歩も追い風になり、ぐんぐん寿命が延びていますが、一方で『老後破産』という言葉も聞きます。

実際老後っていくらお金がかかるのでしょうか

30代の老後のお金解決には3000万円必要

安心したければ夫婦で現金3000万円は欲しい

現金3000万円を捻出することが簡単かと言えば、相当難しいと思います。

しかし、この長生き時代に、夫婦だと3000万円はないと心配です。

ファイナンシャルプランナーは様々な指標で1000万円で大丈夫などと言っている人もいます。

確かに、考え方は皆様々なので、それに対しては賛成も反対もしません。

ですが、自分の親にいくらあれば老後楽に暮らせるかという考えで『1000万円で大丈夫』と言い切れるでしょうか。

30代の老後『心配』貯金と資産の使い道

介護施設の入居費用が1500万円以上するところが多い

実際、私が初めて老後にお金がかかると感じたのは、祖父の介護施設の費用を工面したのがきっかけでした。

介護施設の入居費用は約2000万円、そして、毎月13万円の家賃のようなコストがかかります。

単純に3000万円では片方は施設に入れないではないか。というすでに問題が出てきます。

そんな老後の心配をふっかける原稿は書きたくないので早速対策する術を考えましょう。

30代で老後を『心配』するなら資産を持つ

30代でマイホームは老後リッチへ

20代30代は貯金をするチャンスが少ないことは、私も先日お話をしました。

でも、お金を借りれるのは30代な年齢です。

ということは、30代で1軒目のマイホームの購入をすれば、老後と言われる前に住み替えをしてコンパクトな家に引っ越しをするか賃貸に住み替えるという手段を作ることができます。

30代の老後資産の心配、お金の作り方

30代で老後対策の現金資産をどうやって作り出すか

ここで誤解してはいけないのが30代で現金資産を作り出すのは『老後のため』です。

30代で使うための現金ではありません。

低金利なのでお金は増えずとも生命保険で『養老保険』を使えば確実に少しずつお金を貯めることはできます。

が、増えませんし、解約返戻金を受け取るときには一時所得がかかるので、本当に増えません。

30代で老後の心配はし過ぎると、逆効果

老後というより早死にするかもしれない

実は私もその考え方でした。

老後の心配をするよりも早くに父を亡くし、父と同じように大酒を食らい、タバコも1日2〜3箱、年に1〜3日くらいしか休まない生活をし続けていました。

が、今の私が思うに、長生きできてしまいそうな予感がし始めています。

ですが、独身で生涯を終えたとしても、最後の最後までお金はかかり続けます。

墓に札束を抱えてはいけませんが、明日は底を付かないかと心配しながらの老後生活は勘弁だと思っています。

そのため、お金は残って良い。

『誰かのためになるならそれで良い』という考えで今は生きています。

資産になるのはクルマではなく時計

最後に、30代からの『資産構築』という部分においては、家以外にも『金』などの金融資産などもありますが、そもそもの資本がいるため相続などを受けない限りは難しいでしょう。

しかし、最近一流養成学校でも頻繁に記事に出てくる『高級腕時計』は資産になります。

今は多くもっていない私ですが、20代後半くらいから5年に1本ずつ購入していけば値崩れのしない腕時計ならば資産としてしっかり残すことができます。