フリーランスの『働き方と休み方』

だけど、夜のほうが捗る仕事もあります。

だけど、夜は寝るべき時です。

だけど、寝てられない

だけど、普通は寝る。

だけど・・・

というジレンマを今回は、他のフリーランスたちがどう考えでどんなワークスタイルなのかを徹底的にお話していきます。

勘違いだらけのフリーランスの『働き方』と『休み方』

パソコンの前にいるだけが仕事ではない

フリーランスという仕事は、0からの仕事です。

パソコンの前に座ってパチパチとキーボードを叩くだけがフリーランスの仕事ではありません。

むしろ、パソコン作業はアウトプットの作業で、『考える』ことも大切な仕事です。

フリーランスに多い夜型人間

フリーランスは朝も昼も夜も関係ない

「朝が苦手」という人も多いはずですが、フリーランスや独立開業したり、会社の経営者になれば、そもそも朝が苦手ならば朝は寝ていればいいと割り切ることができます。

朝が強くても仕事ができなければ、意味がありません。

逆にどんな時間だろうと、短時間だろうと、仕事が効率よくこなせてお金を生むならば、フリーランスとして大正解だと言えます。

フリーランスの休み方

フリーランスになれば平日休日の区切りをつけない

サラリーマンは基本的に平日5日の週休2日が基本です。

その延長で強制されるのではなく、週に5日は働くという使命感と向上心からの行動するフリーランスも多いと思います。

しかし、独立してフリーランスの経験を積むと、毎日が日曜日で毎日が月曜日で金曜日にもできると気づきます。

フリーランスは毎日が『休み』自由が特権

休みたい時に休む、土日祝日『無視』

サラリーマンはお腹が空かずとも、12時くらいにはランチの時間として昼食休憩が割り当てられます。

しかし、フリーランスは関係ありません。

寝たい時に寝る

食べたい時に食べる

したいことをしたいだけする

これがフリーランスの特権だと言えます。

アーティストは『基本フリーランス』

イタリアと広瀬香美とTUBEの関係性

イタリア人は多く稼ぐより今日のハッピーや笑顔のために生きることに注力する人種だと言われています。

そのため自営業(フリーランス)が多いのです。(起業の仕組みも日本よりゆるい)

フリーランスの『働き方』と『稼ぎ方』はイタリアで学べる

昼寝も働き方の一部、時短商売の稼ぎ方はイタリアで学んだ

イタリアでは、昼寝文化が強く60分から90分ほどブティックなどもクローズ(休憩)で閉まります。

その理由は、寝たいから。

寝てても生きていけるなら寝ておくべきだ。

そうブティックの店主は言っていたのを聞いて私も積極的に昼寝をするようになりました。

すると、夢見心地なタイミングで仕事のアイディアや『解ける』タイミングがあるのです。

解ける(ほどける)とは、問題や課題が糸が絡まっているものがスルスル・・・とほどけるような感じが頭ですることからそう呼んでいいます。

自分の好きな季節に働くか休む『年休180日制』

広瀬香美さんは冬に働き、聞こえは悪いですがコンサートやディナーショーなど稼ぎまくる。

BGMやカラオケなどの印税も含め稼ぐまくるのでしょう。
TUBEに関しても夏に稼ぎまくり、イベントやフェスへの参加など夏の代名詞的存在です。

これは簡単に考えると1年で春夏に働くか秋冬に働くかの差があります。

要するにそれ以外の季節はロングバケーションです。

週休2日どころか年休180日以上のワークスタイルなのです。

TUBEはノマドワーカー

TUBEは夏の商売+ハワイを売りにしているため、稼ぎたい時に稼ぎ、働きたいところで働き、生活したいところで生活しているのです。

まさにノマドワーカーです。

そんな働き方がアーティストと呼ばれる職業以外に、フリーランスは可能だということです。

フリーランスの年休180日ライフ

会社員を休日を無視して1年間で年収を日割りすると、

年収400万円のサラリーマンならば1日約1万円を稼いでいる。

それを簡単に180日で400万円を稼ごうと思えば日給×2をします。

年間半分休んでも同じ年収を確保することができます。

その日給は約2万円。

日給2万円をフリーランスで稼ぐことは、正直難しくないと思います。

半年がむしゃらに稼いで10万円1日に稼ぎ続ければ年間3ヶ月労働で年収1200万円です。

食えたら良い、それがフリーランスの根本

フリーランスという仕事は、極端に言えば365日寝ていても稼げれば良いのです。

逆に365日働き続けても怒られることはありません。

要するに、フリーランスでの成功の概念はそもそもお金ではないということです。

食べていければベター。自由がベスト。

その根本的な考えがなければ、自分自身に働かされている人生になってしまい、フリーランスの魅力な全くない生活を送ることになります。

フリーランスは『自由』

フリーランスはフリーでなければなりません。

自由です。

週休5日でも構いません。

言わないだけで、結構多いかもしれません。

その代わり残りの2日間は寝ずに食べずに仕事する。

そんな働き方でも良いのです。



フリーランスは休みの取り方と考え方で勝負が決まる。

自分というフリーランスは、自分だけが決定権者なのです。

そして、自分がどうすれば、『休み』を感じるのかを知らなければなりません。

もちろん、家でゲームを丸1日して過ごすことや寝溜めするのも、一つです。

一流のフリーランスの休みの取り方は、休みたくなった日が休みということだと今は思って生きています。

フリーランスの夜型人間の働き方

朝や昼を休み、休日と考えて夜働く。

そんな考えもありです。

1日休みがあってもすることがない、仕事の内容によっては仕事が気になるという人もいると思います。

それであれば、毎日『半休』をとって毎日働くというのも成果が出る働き方だと言えます。



フリーランスの夜型人間とお金

朝型だから良いというわけではない。

夜に仕事を思い切りして、朝から太陽を「待っていました」とお迎えするのも間違いではないと私は思っています。

フリーランスの夜型人間とお金事情

夜型人間はお金が貯まらない?

むしろ逆で、『夜に飲み歩く人』と夜型のライススタイルが違います。

夜だから特別にお金が掛かる要素がないのです

朝型・昼型・夜型、お金・懐具合はどうなのか

変わりません。

あえて言うならば、日本時間は標準時間に近いですが、世界の市場時間とは時差が大きいと言ってもいいと思います。

アメリカの市場は夏時間でも冬時間でも日本では夜ですし、最新の世界ニュースは明け方が一番集まるように思います。

そして、FXなども昼間と夜中では全くトレーダーの性格が違うと私は感じていて、市場が動くというよりも日本時間の夜にトレードしている人の心理の方が読みやすいという部分では、お金を生むチャンスは多いと言えます。

短期集中スキルがフリーランスには欠かせない

短期集中とダラダラワークライフ

自宅で仕事に集中ができない人

フリーランスは自宅をオフィスとして活用している人が増えました。

しかし、そんな中どうしても自宅では仕事や読書ができないという悩みもよく聞かれます。

なぜ自宅だと集中力がなくなるのか

自宅にいるとなぜか仕事以外のことを考えてしまったり、朝食を食べて「今日こそは部屋で仕事をするぞ」と意気込んでも部屋に入ればネットを見たり、今する必要もない郵送物を開けて読んだりして時間を浪費してしまうようです。

そんな時、一番の理由として仕事をする前に部屋の換気をしていないことが関係しています。

できるフリーランスは『睡眠臭』を気にする

寝室から漏れる、『睡眠臭』が集中を妨げる

みなさんはトイレに行けば、排泄を簡単にすることができます。

しかし、リビングで仮に排泄をする必要があっても簡単には用を足すことはできません。

これは、『習慣と環境』が影響しています。

トイレの匂い、個室、衣服を下ろすルーティンが整っているからこそ、排泄がトイレという環境でできるのです。

それと同じように寝室には『寝る空気』が漂っています。

これは無臭で気づかずに停滞している空気であり、一つの環境です。

自宅は勤務先のオフィスとは違い、私生活の空気が溜まっています。

そのため、私生活の匂いを少しでも出すために空気の入れ替えをします。

そうすることにより、集中力が断然上がります。

家では仕事が集中できないが、カフェだと仕事ができる理由は『私生活』を断ち切った環境に身を置いているからです。

家で仕事を集中してやるなら、シャツを着ること

フリーランスは切り替えが重要

案外モチベーションや集中力は、身だしなみが関係していることがあります。

自宅で仕事をする時、多くの人は部屋着で仕事をします。

しかし、部屋着はリラックスをさせてしまうため、集中と相対した効果を生んでしまうため集中力が途切れる原因になります。

そのため、自宅で集中ができないうちは、仕事をするときと同じ格好に着替えることが集中力を高める秘訣だと言えます。

ワンルームで集中できない場合はインテリアで集中力を上げる

ワンルームの部屋で仕事や読書を集中してしたいという場合、ある程度環境の変化が必要です。

寝室と食事、テレビや娯楽など混在する空間は集中力が一番欠けやすい場所になります。

しかし、まだ年収が上がりきっていない20代などは、部屋数の多い家に引っ越しをすることが難しいでしょう。

そんな時はインテリアで集中力を上げていきます。

ワンルームでもできる集中力アップ

まず、ワンルームの部屋に住んでいる場合ベタ座りのインテリアをやめることで集中力が上げやすい環境になります。

ベタ座りとは、こたつ机のことで今の日本のライフスタイルで胡座をかいて座る生活は集中とは縁遠く椅子に座って仕事をする習慣が身についているため小さくてもいいので椅子に座り壁に向かって仕事や読書ができる環境を作ります。

さらに本棚やテレビなどはなるべく目に届かない場所に置き、必要であればバスタオルかカーテン、ブラインドなどで一線を区切れるのがベストです。

そうすることでオフィスとほぼ同じ環境が用意されるため、集中力は格段にあがります。

自宅で仕事や読書の集中ができるようには『空気』が重要

自宅とは気づかぬうちに『落ち着ける場』としての空気を、生み出していきます。

しかし、少しの工夫で自宅は最高の『集中』を高める場所に早変わりします。

カフェなどの別空間での仕事と自宅での作業の内容やタスクを分散していけば、場所を変えるだけで集中力は何倍も持続していきます。

フリーランスが稼ぐための働き方

稼ぐ=いくら欲しいか

それを決めていないフリーランスは相当先行き不安です。

いくら欲しいか=いくら必要か

という考えにリンクするのですが、自分がいくら必要かすらもわからないフリーランスは人の気持ちや満足も察するのが難しいでしょう。

【最後に】フリーランスの働き方

フリーランスは法律を犯さない限り全て自由

 

フリーランスは成功だと思えば成功

 

フリーランスは失敗だと思えば失敗

 

フリーランスが向いている人は向いている

 

フリーランスは向いていないと思った人が不向き

 

辞めたければ辞められる。

その代わり、時間的・経済的・精神的余裕を人の何倍も人生で感じることができます。

その代わり、孤独だと思えば孤独。

社会不適合者と言われればそれまでです。

将来の見通しは自分次第。

それでもフリーランスは増え続けるでしょう。

企業というパワーや資本がなくとも商売は十分できるからです。