オメガのスピードマスターは営業マンの万能高級時計

『オメガのスピードマスターは営業マンの万能高級時計でしたよ。』

というお話だけでなく、なぜ良いのか。

そして滝枝芳郎は何と迷ってオメガにしたのか。

どんな風に万能な高級時計なのか。

ロレックスとオメガとグランドセイコーと迷う!なんて人のためにお話していきます。

思い出のオメガのスピードマスター

この時計は、まだアパレルの販売員をしていた時に購入した腕時計です。

初めて、本気で高い腕時計をしたのもオメガでした。

オメガのスピードマスターは政治家の人や、経営者、ビジネスマン、営業マンと、様々な職種の人がつけている時計なので、新人営業マンでも許される範囲の腕時計だと言えます。

これまで3本(1本はアンティーク)のオメガを所有してきました。

私のオメガは見ての通り、スピードマスターのプロフェッショナルではありません。

(*上の画像は私のスピードマスターです。風防が割れています・・・。)

当時スタンダードのスピードマスターも買うのに手が震えるほどでした。

時を超えて持てる高級腕時計オメガ スピードマスター

オメガのスピードマスターはステンレススチールのブレスがついていますが、私はその後、クロコダイル、アリゲーター、カーフ、リザードなどたくさんのレザースラップ(革ベルト)をカミーユフォルネというレザーブランドでオーダーしてきました。

オメガはロレックスと同じように、世代を超えて使える時計なので、アンティーク時計としても需要が高いブランドだと言えます。

36mmのケースサイズはどんなスーツにも合わせることができるのも特徴です。

オメガとロレックス正直どちらが買いの腕時計なのか

これも腕時計を買おうとする比較的エントリーモデルを購入する営業マンが悩むところでしょう。

少し高いが、ロレックスもボーナスを入れれば買えそうだ、などいろいろと考える人が多いようです。

実際お勧めはオメガですが、ロレックスの方が圧倒的な換金性(リセールバリュー)があるため、まだまだ新人のうちは人生でどんな経済的不安定を迎えるかわからないと思います。

そのため、オメガよりロレックスのほうが、資産として買える部分はあると思います。

オメガとロレックスとグランドセイコー、営業マンならどっちが買いか

この選択もまた難しく、悩みどころだと思います。

グランドセイコーという時計は、年を重ねるにつれて魅力を感じる時計だと私は思っています。

若いうちはセイコーで十分だと、謙虚な姿勢を教えてくれている感じが好きです。

しかし、『若いうちは背伸びをしたい』『見栄を張りたい』『モテる時計をしたい』という気持ちも大きいと思います。

そのため、グランドセイコーを20代で購入する人は国内大手の証券マンで年収が500万円程度の営業マンならば購入の余地ありだと言えるでしょう。

一流が身につけるこだわりの腕時計『グランドセイコー』おすすめラインナップ紹介

それ以外はオメガの購入がベストだと思います。

そして資金と職場で上司が安い私のようなチープカシオなどをしていないか確認してからロレックスに標準を定めて良いと思います。

ロレックスはエクスプローラーやデイデイトなど70万円くらい?で買える時計もありますが、上にはプラチナモデルなどのデイトナが待ち構えています。

オメガはその点、上位モデルもさほど見た目が変わらないというメリットもあるので、『無理して高級時計を買った』感じは少ないと思います。

良い腕時計をはめて、どんどんモチベーションを上げれば、高級時計1本くらいすぐに元が取れるようになるので、ぜひ高級時計も楽しんでみてくださいね。

高級腕時計をレンタル『KARITOKE』の登場!

サブスクリプションで最近、知名度も利用者も右肩上がりの高級腕時計レンタルサービス。

オメガもラインナップにあります!

ウブロやロレックス、グランドセイコーなど日常使いから、夏場だけ使いたい時計などを安く借りることができます。

『KARITOKE』ロレックスもウブロもレンタルする時代

高級腕時計を簡単にしっかり学べるコンテンツ

ウブロの資産価値は上がる。腕時計という現物資産は化けると大きい

オメガのプラネットオーシャンがクルマの営業マンにオススメの理由

グランドセイコーが一流にする。エグゼクティブな普通を知りたい『できる営業マン』

高級腕時計を損せず資産として購入するために知っておくべき『今』

カルティエの人気腕時計、オススメモデルを厳選紹介

なぜCVSTOS(クストス)を買う気になったのか