営業マンのネクタイは『色や柄はシンプル』で上質なものだけを選ぶ

毎朝ネクタイやシャツ選びが大変なのは、ネクタイ選びを変えれば解決するかもしれません。

売れる営業マンのネクタイの色はネイビーでストライプなどをない無地のソリッドタイプが多いです。

今回は『営業マンのネクタイの色や柄はシンプル』なものを締めて売り上げを伸ばしましょう。というお話をしていきます。後半では、実際私が現役営業マン時代に購入したネクタイブランドも挙げています。

ネイビー・濃紺のソリッドネクタイ(無地タイ)

ビジネスシーンの代表であるネイビーは濃紺やネイビーのスーツと同色で合わせるのが、一番ミニマムでシンプル。

そして、好感を得られやすく、心理学では、ネイビーや濃紺は知的なイメージを築くことができると言われています。

心理学での濃紺とネイビーの存在

心理学では濃紺やネイビーは『冷静さ』を際立たせる色味とされており、安心感やどんなシーンでも万能的な営業マンにオススメのネクタイです。

ワインレッド・ボルドー赤系のソリッドネクタイ

アメリカでは『パワースーツ』と呼ばれる、ネイビースーツに真っ赤なネクタイのコーディネートは、情熱的で、力強さをアピールすることができるので、体育会系のスポーツに自信がある人などは見た目から話題や印象に残る営業マンに成り上がることができます。

黄色のソリッドネクタイ

黄色は、コントラストの中でライトグレーよりも白に近い明るめな色味なので、肌が綺麗で健康的に見えると言われています。

外回りでも、黄色のネクタイはカメラのレフ板(反射板)と同じ効果があるため、顔色がよく見えます。

営業マンがソリッド(無地)のネクタイをするべき理由

圧倒的に日本はストライプ、俗にいうレジメン(レジメンタルストライプ)と呼ばれる斜め線のネクタイを結ぶ営業マンが多いですが、無地だからこそ、ネクタイの結び目や素材の良さが際立つからです。

少し高いネクタイがオススメ

ネクタイは基本的にシルク100%です。

営業マンは接待や外回りでジャケットに擦れたり、汚してしまったりするので安いネクタイを選ぶ人が多いですが、実際ネクタイは少し良いものを長く使う方がコスパも良いです。

スーツはトレンドがありますが、ネクタイは何十年と経たないかぎりネクタイの太さなどはさほど変わらないのも特徴です。

仮に少し太い、細い、あるいは剣先がほつれてきたネクタイは3ピースのスーツでジレ(ベスト)を着用すれば、結び目だけに目がいくので最後の最後まで使うことができます。

営業マン向けおすすめシンプルで上質なネクタイブランド

営業マンにオススメコスパ良し上質ネクタイブランドはFAIRFAX(フェアファクス)

FAIRFAX(フェアファクス)は国内ブランドで、ソリッドネクタイもカラー別コントラスト別で多くの種類が常に販売されているブランドです。

海外出張で現地へのお土産にも、非常に好評です。

私が購入していた当時は7000〜12000円ほどでした。

値段以上のクオリティを結び目が綺麗で、何かと重宝する日常にガシガシ使えるネクタイブランドです。

私も10本まだ所有しています。

ネイビースーツに合わせるネクタイならBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)

1本10000〜20000円くらいで買えます。

ブルックスブラザーズは『THE王道』と呼ぶべき歴史あるブランドです。

質感も良く、少し明るめのソリッドタイの取り扱いもあり、ネイビースーツ似合うネクタイを買うならブルックスブラザーズでしょう。

 

ラグジュアリーブランドのネクタイに触れてみるなら

HERMES エルメス

20000~30000円

 

Ermenegildo Zegnaエルメネジルド・ゼニア

20000~30000円

 

TOMFORDトムフォード

20000~30000円

 

エグゼクティブが締める一流の自己投資ネクタイ

KITON(キートン)

E.MARINELLA(E.マリネッラ)

FRANCO MINUCCI(フランコミヌッチ)

 

ここらへんのネクタイはおそらく3万円〜5万円くらいだと思います。

個人的にはミヌッチが好きです。

滝枝芳郎の思い出のネクタイ

フランスのネクタイブランドDominique France(ドミニク・フランス)です。

ニューヨークのデパートに初めて行って最高に品のあるネクタイを見つけ、何ドルがいくらか計算できないうちに、3人の販売員に囲まれクレジットカードを恐ろしながら出した記憶があります。

実際1万円くらいかと思えば、日本で引き落とされた金額にびっくり、当時8万くらい?のネクタイでした。

しかし、そのネクタイがきっかけでたくさんの人と巡り会えたのでよしとしましょう。

Dominiqueのネクタイは朝締めると、トイレでも食事の前も、商談前も結び目が落ちてこないのが本当にネクタイの一流を感じました。