FXで連敗。『なぜ』いつも逆に動くのか【滝枝芳郎FX講座8】

最近一流養成学校が投資家の質問箱のようになり始めているのですが、少しずつお返事させてもらいます。

今回のお悩みはFXで連敗続きの人からの質問です。

買えば下げる、売れば上がる。自分の口座は操作されているのではないか?と思うほど10回中10回が逆に相場が動きます。そして思い切り上げたり下げたりします。なぜですか?『20代で億万長者になりたいんだ』さんより

このご質問とても面白くて『20代で億万長者になりたいんだ』さんのファンになりました。

さて今回は『FXで連敗。なぜいつも逆に動くのか』という話をお話をしていきます。

 

『なぜ』いつもFXは逆に動いて連敗するのか

なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。

これは本当に残念ですが、正解がない質問です。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』本当に単刀直入にずばりで言えば、『待てない』投資家、トレーダーになっていませんか?

と質問をしたいです。

ついつい、ポジションを持つが含み損の金額についつい買えば売りたくなってしまうのです。

私自身、過去にお話しましたが自己中心的な投資家が上手くいかないという話をチラッとしたことがあります。

簡単に言えば、「自分勝手にここだ」と決めているだけで相場は色々な時間軸によって為替相場のうお薄はガラッと変わります。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』を解決させるスキル

・スキャルピングを意識しすぎないこと

スキャルピングは推奨派の私ですが、意識しすぎて短期のチャートを見るとトレンドの波と逆でポジションを取ってしまいがちです。

・自分はラッキーだと感謝する

大体のトレーダーが携帯かPCで、画面のチャートとにらみ合いをしていますが、相場は自分と逆に動くものだと考えると、偶然にも買ってすぐ上げる、売りを入れてすぐ下げるとラッキーだとFXの神様に感謝しなければなりません。

・寝て待つ

どのみち、基本は自分の意思と逆に動くと信じれば、『どうせ、逆いくんだろ』と寝て待ってみることです。

私は基本的に原稿を書きながらポジションを取っているので、気づけば利益が出ています。

移動中はクルマのモニターは映画を映してもらい、i-padなどでトレードしますが、真剣に画面をみていると疲れるし、酔うので寝ながら待つというのが私のトレード手法です。

・自分がいつも使っている時間足より長めのチャートを見てみる

私は基本的にリーマンショックの時もずっと買いのポジションを続けました。

理由は簡単です。

下がりすぎて1分足など使い物にならなかったからです。

そこから私は1時間足でトレードし始めました。(1分も5分も見ますが常時基本は1時間足です)

実は『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』にかなり効きます。

『なぜ売れば上がる。買えば下がるのか。』を考えるより『当たり前』だと開き直る

理由を考えても、どのみち逆のポジションを握るものです。

結果は『売れば上がる。買えば下がる』は変わりません。

それに理由がわかっても解決方法はありません。

しかし、唯一FXで変わらないことがあります。

『売れば上がる。買えば下がる。』でも自分の口座のお金が増え続ければFXの投資家は成功者であり、一流だと私は思っています。